コーヒーのエスプレッソマシン入れ方|Coffee-Official Website

コーヒー

エスプレッソ(espresso)は、コーヒーの一種で、イタリアやフランスではもっともよく飲まれるコーヒーである。風味が濃い、こくのあるコーヒーで、イタリアでCaffeといえば、普通これをさします。

エスプレッソマシンもしくは直火式のマキネッタという専用の器具を用いて、深煎りの微細に挽いたコーヒー豆をカップ型の金属フィルターに詰めて、9気圧の圧力と約90℃の湯温で20から25秒の抽出時間で約1オンス(30ml)のコーヒーを抽出したもの。普通のコーヒーカップの半分ほどの大きさのカップで供されるため、デミタス(demiは半分、tasseはカップの意)とも呼ばれる。コーヒー豆を7g使用したものをエスプレッソと言い、14g使用したものはドッピオ(doppio、ダブルの意味。double espresso)と呼ばれます。

より容易においしいエスプレッソを抽出するという方向でデザインされた、使い捨てカートリッジを用いるタイプのエスプレッソマシンもあります。このタイプのエスプレッソマシンは日本においてはネスレ社のネスプレッソが最も普及していますが、本場欧州では複数の規格が存在し、互換性において問題が発生しています。また、イタリアのイリー社が開発し特許を取得したEasy Serving Espresso(E.S.E.)規格のカフェポッド(エスプレッソポッド)が日本においても普及している(「ポッド」とはエンドウマメのさやを意味する)。カフェポッドはエスプレッソ1杯分に相当する約7gの豆を焙煎し挽いたものを紙パックにし適度な圧力をかけて整形されている。適切に挽かれているだけでなくバスケット(粉用と同じく金属製でフィルターホルダーより脱着可能だが厚みはより薄く、カフェポッド装着の上にゴム製の蓋を被せる)内部へのタンピングも不要であり、使用後も豆が散らずに片付けやすいため初心者にも扱いやすい。メーカーによってはカフェポッドを個別包装して鮮度の面での差別化を図っています。様々なロースターが味に工夫を凝らしたカフェポッドを発売している。サエコ社やデロンギ社では E.S.E. 規格(44mm径)、ネスレ社では自社開発であるネスプレッソ・カプセルに対応したエスプレッソマシンを販売しています。

おいしい入れ方

ドリップ
エスプレッソマシン
コーヒーサイフォン
トルココーヒー
コーヒープレス

さまざまな飲み方

カフェ・オ・レ
エスプレッソ
カフェ・ラッテ
カプチーノ
ウィンナ・コーヒー
アイリッシュ・コーヒー
ダッチ・コーヒー
カフェ・ロワイヤル
アラビア・コーヒー
トルコ・コーヒー
ベトナムコーヒー
アメリカン・コーヒー
サルタナコーヒー
インスタントコーヒー

リンク

収入は、毎日の積み重ねです。あるところまでいくと急激に伸びることが多いです。