コーヒーのさまざまな飲み方|Coffee-Official Website

コーヒー

コーヒーは、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲みものです。

この味は世界中に好まれ飲まれています。
日本へは18世紀末にオランダ人が持ち込み、最初の記録は、1804年の大田南畝によります。

コーヒーの原料となるコーヒー豆は、3〜3.5mほどの常緑低木でジャスミンに似た香りの白い花を咲かせるコーヒーノキの果実から得られます。 生産地はブラジルやコロンビアなどの中南米や、ベトナム、インドネシアなどの東南アジア、エチオピアやタンザニア、ケニアなどのアフリカ諸国など。また有名銘柄の産地としてハワイ、イエメン。インドや中国などでも生産されています。

おいしい入れ方

さまざまな飲み方

カフェ・オ・レ
エスプレッソ
カフェ・ラッテ
カプチーノ
ウィンナ・コーヒー
アイリッシュ・コーヒー
ダッチ・コーヒー
カフェ・ロワイヤル
アラビア・コーヒー
トルコ・コーヒー
ベトナムコーヒー
アメリカン・コーヒー
サルタナコーヒー
パリのロマンス
アイスコーヒー
インスタントコーヒー
モカ・フロスティ

コーヒーブレイク

 財布を無くしたという話しです。本来なら落としたという表現が正しいのかもしれませんが、何時から何時の間に財布を無くしたのか全く記憶にないので、落としたという表現ではなく無くしたという表現です。なぜ記憶が無いのか? 実は泥酔状態でして、どこを彷徨っていたのかほとんど記憶が無いのです。

 当然警察に落し物届け(遺失物)は提出しました。サイフと言えば現金が付き物で普通現金が中にあれば拾った人は現金欲しさに中身だけ抜いて外側はどこかに捨てる、と言うパターンが多いと思います。故に警察に届けても出てくることはない、と諦める方がいるかも知れません。

 ところが今回は、中に現金が残っていない事を私は記憶しておりました。広島の飲み屋街(日本一と言われることもある流川付近)から自宅までタクシーで約2000円必要です。でその2000円しか財布の中に残っていないから悩んでいたのです。そう自宅に帰ってももう少し飲みたい。

 だから、2000円でタクシー代とお酒代とどうやって工面しようかと、酔った状態の頭で一生懸命考えていたのです。そして翌朝気づいたら財布が無かったわけで、実際にはタクシーの領収書がポケットにありましたからマンションの前面道路から自宅の間で落としたわけですね。

 そしてタクシーの中で落としたという可能性も残っている、だが領収証を頼りに連絡を取っても「そのような財布はなかったです」と言う答えが返ってくるのみ。ただ現金が入っていなかったのですが、カード類の停止が手間でした。皆様も財布を落とすことが無いよう、十分に気を付けてください。

なお、新しい財布を購入する時にはお財布に優しいサイトがお勧めです。またお金に困ったときはクレジットカードとキャッシングで知識を得てくださいね。ドメイン取得…ネット上の記録もお忘れなく