ベトナムコーヒー|Coffee-Official Website

コーヒー

ベトナムにコーヒーが持ち込まれたのは19世紀で、植民地化とともにコーヒーの栽培も始まった。現在はアラビカ種も増えているが、地元では初期から栽培されているロブスタ種のコーヒー豆を用いることが多い。タヌキコーヒーの俗称があるコピ・ルアクの豆を用いてもよい。多くはチコリーを加えて、フレンチロースト(深煎り)し、コーヒーミルで粗めに挽く。

アルミニウムまたはステンレス製の、底に細かい穴を多数開けた、フランス伝統の組み合わせ式フィルター(カフェ・フィン、ca phe phin)を使って淹れる。このフィルターは、通常カップに乗せる平たい部分、湯を受ける筒状の部分、筒の中に入れるフィルターという3重の構造で、それぞれに細かい孔を開けて、粉がカップに落ちないように作られているが、どうしても粉が孔を塞ぐ形となって、簡単には湯が通らない。このため、抽出には5分から10分程度の時間がかかり、また、たくさんの湯を受ける大きさとなっていないため、濃く抽出される。ぽたぽたとコーヒーが落ちる様子から、このスタイルの淹れ方を、中国語で滴滴??(ディーディーカーフェイ)と呼ぶことがあります。

そのままでは非常に苦いため、(カフェ・シュア)と呼ぶ、ミルクコーヒーにして飲むのが普通である。この際、生乳ではなくコンデンスミルクを用います。また後で加えるのではなく、あらかじめカップの底にコンデンスミルクを、底が見えなくなる量敷いておき、その上からコーヒーを淹れ、飲む際にスプーンでかき混ぜます。濃厚で甘く、コーヒーキャンディーをなめている時に近い味を覚えます。

おいしい入れ方

ドリップ
エスプレッソマシン
コーヒーサイフォン
トルココーヒー
コーヒープレス

さまざまな飲み方

カフェ・オ・レ
エスプレッソ
カフェ・ラッテ
カプチーノ
ウィンナ・コーヒー
アイリッシュ・コーヒー
ダッチ・コーヒー
カフェ・ロワイヤル
アラビア・コーヒー
トルコ・コーヒー
ベトナムコーヒー
アメリカン・コーヒー
サルタナコーヒー
インスタントコーヒー

リンク

収入は、毎日の積み重ねです。あるところまでいくと急激に伸びることが多いです。