インスタントコーヒー入れ方|Coffee-Official Website

コーヒー

コーヒーを即席食品化する場合、抽出液を粉末化するのがもっとも簡易である。しかし、その過程では味や香りが損なわれやすい。インスタントコーヒーの歴史は、加工後も味と香りを維持しようとする努力の歴史と言えます。

1899年にアメリカのイリノイ州シカゴに在住していた日本人科学者のカトウ・サトリ博士が、緑茶を即席化する研究途上、コーヒー抽出液を真空乾燥する技術を発明。1901年にニューヨーク州バッファローで開催されたパンアメリカン博覧会で「ソリュブル・コーヒー」(可溶性コーヒー)と名づけて発表したのがはじめとされます。

ところが、1906年にジョージ・ワシントンという人物がなぜかインスタントコーヒーの特許を取得しており、ワシントンを発明者とする文献も多い。加藤博士の経歴や正確な名前(サトリ、サルトリとの説があり上記のリンク先ではサトリ)はわかっておらず、どのような研究を行っていた人物なのかも不明です。また、すでに博覧会で公表されていて新規性が無く、本来の発明者でもないワシントンに対して特許が認められた経緯も謎です。加藤の発明は現在のフリーズドライ製法につながるものと思われるが、ワシントンはいわゆるスプレードライ製法を発明した可能性もあります。

インスタントコーヒーをおなべで1度沸騰させると良い味のものになります。

おいしい入れ方

ドリップ
エスプレッソマシン
コーヒーサイフォン
トルココーヒー
コーヒープレス

さまざまな飲み方

カフェ・オ・レ
エスプレッソ
カフェ・ラッテ
カプチーノ
ウィンナ・コーヒー
アイリッシュ・コーヒー
ダッチ・コーヒー
カフェ・ロワイヤル
アラビア・コーヒー
トルコ・コーヒー
ベトナムコーヒー
アメリカン・コーヒー
サルタナコーヒー
インスタントコーヒー

リンク

収入は、毎日の積み重ねです。あるところまでいくと急激に伸びることが多いです。